フィッシャーマンのためのフィッシングカフェ


by parlett

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
フライフィッシングの夜明け
カズさんからの手紙
野生魚を追え!!
フライ フィッシング
フライ タイイング
河川の放射能汚染
未分類

最新の記事

サクラマス巡礼 第2章 サク..
at 2017-09-09 09:12
サクラマス巡礼 第1章 サク..
at 2014-12-21 16:55
野生魚を追え!! - 川のラ..
at 2014-10-25 07:36
鬼怒サケ
at 2014-10-12 07:46
鱒釣りの聖地巡礼 その3 湯ノ湖
at 2014-08-06 21:30
カズさんからの手紙 54  ..
at 2014-07-14 09:20
鱒釣りの聖地巡礼 その2 大谷川
at 2014-06-22 21:30
カズさんからの手紙 53 3..
at 2014-06-18 17:52
カズさんからの手紙 52 先..
at 2014-06-12 19:40
鱒釣りの聖地巡礼 その1 中..
at 2014-06-08 20:30

以前の記事

2017年 09月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ファン

お気に入りブログ

shakerの軽井沢 F...
グリースドラインで釣り日記!
ギフの山猿「フライ日記」
渓流の近くで一泊
Down & Across
Metropolitan...
高太郎の箸休め
Uncle's Cafe
ゾウさんのHotひと息
Cloud Number 9
CURTIS CREEK 情報
つっちーのフライフィッシ...
Camel Blog
毛鉤人のViva,FF
陸に上がってた☆Flyman!
Highland Can...
Tokyo/Naha C...
ajax_spey diary
いないなのホビーハウス
和尚exさんのまんぷく日記♪
森のフィッシュ魚ッチング
~BQイッチー フィール...
ふらい人 / Towar...
amaneiro
春が来た

外部リンク

LINK

タグ

ライフログ

最新のコメント

貴重な情報ありがとうござ..
by kftkubo at 11:33
中禅寺湖南岸の放射線量率..
by 栃木還暦 at 17:14

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
アウトドア

画像一覧

カズさんからの手紙 11

カズさんからの手紙 11
(この物語はフィクションです。)

ログハウスから湖まで

ログハウスから湖までは、ゆっくり歩いて5分くらいの距離だそうだ。
白樺の多い林の中は、若干の上り坂になっている。
10月といえばまだ枝にはしっかり色づいた葉が付いていて、林の中に入るとかなり薄暗く、また、上り坂の為ほとんど下を向いて歩いていた。
林と砂浜の境が坂の頂になっていて、そこに立った途端に十月の眩しい日ざしに輝く駒黒湖が素晴らしい紅葉をバックに、圧倒的な強さで目に飛び込んできた。
大切に守られてきた世界がここにはあるのだな。
こんな場所でこんな日に釣りができるなんて。
僕の心はそれだけで満たされてしまったようだ。
今度は渚まで下り坂になっている砂浜を一気に駆け降りる。
すでにカズさんはロッドにリールをセットし始めていた。
「右手に見えるのが大前川の流れ込みで一番のポイントになります。
そしてさらにその先50mくらいに、もう一本小貝川の流れ込みがあり、まあそちらが第二のポイントでしょうか。
他にもいいポイントはいくつかありますが、今日のところは時間もないし、とりあえず手前の流れ込みでやってみましょう。」
カズさんは毛針までセットしてくれたフライロッドを僕に手渡すと、猫背気味の後ろ姿を残しつつ静かに素早くポイントへと歩いていった。
カズさんから手渡されたロッドはS社の9f-7番ロッドであった。
さらにリールはH社のものであり、ラインはフローティングラインが巻かれてあった。
僕には少々素晴らしすぎる道具のようだ。
そして肝心の毛針はというと、緑色の小さなタワシとしか見えない代物が、チョコンとフックキーパーにくっついていた。
偏光サングラスをかけた表情は窺い知れないが、カズさんはすでにフォルスキャストを始めていて、視線は湖面に注がれている。
僕の存在など忘れているようだ。
彼の釣りをしばらく眺めて見ることにした。

c0239720_1751661.jpg

[PR]
by kftkubo | 2013-01-31 19:25 | カズさんからの手紙 | Comments(0)