フィッシャーマンのためのフィッシングカフェ


by parlett

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
フライフィッシングの夜明け
カズさんからの手紙
野生魚を追え!!
フライ フィッシング
フライ タイイング
河川の放射能汚染
未分類

最新の記事

サクラマス巡礼 第2章 サク..
at 2017-09-09 09:12
サクラマス巡礼 第1章 サク..
at 2014-12-21 16:55
野生魚を追え!! - 川のラ..
at 2014-10-25 07:36
鬼怒サケ
at 2014-10-12 07:46
鱒釣りの聖地巡礼 その3 湯ノ湖
at 2014-08-06 21:30
カズさんからの手紙 54  ..
at 2014-07-14 09:20
鱒釣りの聖地巡礼 その2 大谷川
at 2014-06-22 21:30
カズさんからの手紙 53 3..
at 2014-06-18 17:52
カズさんからの手紙 52 先..
at 2014-06-12 19:40
鱒釣りの聖地巡礼 その1 中..
at 2014-06-08 20:30

以前の記事

2017年 09月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ファン

お気に入りブログ

shakerの軽井沢 F...
グリースドラインで釣り日記!
ギフの山猿「フライ日記」
渓流の近くで一泊
Down & Across
Metropolitan...
高太郎の箸休め
Uncle's Cafe
ゾウさんのHotひと息
Cloud Number 9
CURTIS CREEK 情報
つっちーのフライフィッシ...
Camel Blog
毛鉤人のViva,FF
陸に上がってた☆Flyman!
Highland Can...
Tokyo/Naha C...
ajax_spey diary
いないなのホビーハウス
和尚exさんのまんぷく日記♪
森のフィッシュ魚ッチング
~BQイッチー フィール...
ふらい人 / Towar...
amaneiro
春が来た

外部リンク

LINK

タグ

ライフログ

最新のコメント

貴重な情報ありがとうござ..
by kftkubo at 11:33
中禅寺湖南岸の放射線量率..
by 栃木還暦 at 17:14

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
アウトドア

画像一覧

カテゴリ:カズさんからの手紙( 54 )

カズさんからの手紙 34

カズさんからの手紙 34
(この物語はフィクションです。)

去年の9月

 去年の9月、あの夢のような2日間。
あの二日間が僕の人生を変えた、と言ったら大げさだろうか。
すべてはあのカズさんからの不思議な一通の手紙から始まった。
手紙を読んだだけで僕はすっかり黒駒湖のとりこになってしまい、実際に魅力的なネイティブの鱒や、カズさんや古葉さんと出会って、何が何でも倶楽部に入れてもらおうと思っていたところが、こうして新しい目的を目指す仲間たちの一員となっている。
「あなたの1年の休日のうち、26日間を黒駒湖アングリング倶楽部にください。」
古葉さんの太い声が今も僕の耳に起る。
4月2日から11月22日までのシーズンの間の26日間を釣り客のガイドを兼ねたボランティアのレインジャーになって欲しいと言うのだった。
当初それに対する報酬はないけれど商売として利益を生みだすことになれば、すべてこの黒駒湖周辺の自然を手に入れるための資金としたいということなのである。
つまり黒駒湖アングリング倶楽部は、手つかずの自然を自分たちの手で確保していき、それに賛同してくれるナチュラリストを増やしていく倶楽部なのだと。

c0239720_2001673.jpg

[PR]
by kftkubo | 2013-07-11 22:21 | カズさんからの手紙 | Comments(0)

カズさんからの手紙 33

カズさんからの手紙 33
(この物語はフィクションです。)

大前川の流れ込み

 そうだ、初めてこの湖で釣りをしたのもこのポイントだったっけ。
大前川の流れ込み。
あの時もカズさんがすぐに40cmオーバーのブラウンを釣って、その後すぐに僕にきたのだ。だから今日もカズさんは僕をこのポイントに誘ったのかな。
あの後いろんなポイントで、あの時よりも大きなサイズも何本か上げたけど、やっぱりここは僕にとって特別なポイントだ。
 初めて訪れた去年の秋のことを思い出しながらリトリーブする僕の手に軽くコツンとアタリがあった。
そしてすぐにググーンと体ごと湖に引っ張られるような強い手応えが。
「や、やったあー」
毎度の情けない僕の雄叫びに、さっきのブラウンをリリースしていたカズさんが
「でかいですよ。」
と真顔で言ってくれた。
 確かにそいつは大きかった。
65cmのブラウントラウト。
僕の七番ロッドを限界近くまでしならせたソイツは、またしても僕にとっての新記録であった。
「窪田さん、上達しましたね。
キャスティングはもちろん、リトリーブもよくなっている。
そして何よりも大物の扱いは格段の進歩ですよ。」
カズさんのうれしい言葉に照れながらそっと鱒をリリースした。
「こんな落ち着いた気分で、こんなに大きな鱒をリリースできるなんて去年までは思いもよらなかったです。」

c0239720_1957497.jpg

[PR]
by kftkubo | 2013-07-04 06:47 | カズさんからの手紙 | Comments(0)

カズさんからの手紙 32

カズさんからの手紙 32
(この物語はフィクションです。)

黒駒湖 鱒釣解禁日

 「きたっ!」
最近は聞き慣れたカズさんの大声がしたので横を見ると、彼の八番ロッドの先が湖に向かってオジギをしている。
カズさんは相変わらず冷静な所作でラインを手繰り寄せる。
 これも見慣れた光景である。
幾度かこの黒駒湖でカズさんと釣行し、毎回あの大声にびっくりしながら、それでいてカズさんの冷静さにもあらためて驚嘆する。
だけど僕の目にはグングンとあおられているロッドが、ウッフ、ウフ、ウッフっとまるでカズさんの喜びを表わしているように見える
「どれくらいですか。」
僕の質問にカズさんは落ち着いた静かな声で、
「たいしたことないですね。
40㎝オーバーのブラウンでしょう、たぶん。」
と答えた。

c0239720_19561380.jpg

[PR]
by kftkubo | 2013-06-26 18:41 | カズさんからの手紙 | Comments(0)

カズさんからの手紙 31

カズさんからの手紙 31
(この物語はフィクションです。)

2032年4月2日

 ビューン、ビューンとラインが風を切る音が聞こえてくる。
聞き慣れた音だ。
今まさにカズさんが僕の左十メートル程離れて8番のシンキングラインを遠投しようとしている。
2032年4月2日。
快晴、気温摂氏六度。
午前5時30分。
黒駒湖の鱒釣解禁の日である。
僕とカズさんのほかに10名の人間が、それぞれ各自のポイントでロッドを振っている。
そしてその中にはもちろん古葉さんと僕の友人佐藤さんもいる。
黒駒湖アングリング倶楽部の当初のメンバーが全員ここに揃って竿を出している。
 個人所有の湖なのだから特別禁漁期間を設ける必要もないのだけれど、将来だれもがネイティブな釣りが出来る湖として開放したいという古葉さんの希望で、まだほんの仲間内で勝手に釣りを楽しんでいた頃から禁漁期間を決めていたということである。
11月23日から4月1日までの約5ケ月間である。

c0239720_19541033.jpg

[PR]
by kftkubo | 2013-06-13 18:38 | カズさんからの手紙 | Comments(0)

カズさんからの手紙 30

(この物語はフィクションです。)

黒駒湖 レインジャー

いよいよ話は核心へ近づいたようだ。
古葉さんが話を引き継いだ。
「まず私たちが考えたことは、黒駒湖をすべての人に解放するためにどうすればよいかということです。
そしてその答えがやっと出たのです。」
そこで古葉さんが言葉を切った。
ストレートのバーボンで口を湿らせた。
僕は酸素不足で倒れるかと思うほど息を詰めて次の言葉を待った。
 「それは〝ガイドシステム″なんです。
つまり誰もがここで釣りはできますが、その場合必ずひとりのアングラーに対してひとりのガイドを付けるのです。
しかも釣りのガイドだけではなく、湖とその周辺の自然に対するレインジャーでもあるのです。
いや、正しくはレインジャーが釣りのガイドも務める、と言ったほうがいいでしょう。
そして窪田さん、あなたにそのレインジャーのひとりになってほしいのです。」

c0239720_19515169.jpg

[PR]
by kftkubo | 2013-06-05 18:56 | カズさんからの手紙 | Comments(0)

カズさんからの手紙 29

カズさんからの手紙 29
(この物語はフィクションです。)

カーティス・クリーク

自分を含め、釣師は釣れたいい話ばかりよくしているので、あやうく釣りは大自然の懐に抱かれ都合生活のストレスを忘れさせてくれる、なんて下手なコピーみたいな気持ちになってしまうところである。
つまりなんのことはない、さらにストレスをためてしまっているのである。
だからこそ黒駒湖が必要なのだ。
そうだ、どうなるのだろう黒駒湖の話は。
「そこで黒駒湖アングリングクラブの件なのですけどね、」
カズさんが静かな口調で切り出した。
「会員制という話は中止となったことは先程お話しました。
あまりにも特権的であまりにも閉鎖的ですからね。
古葉も同じ考えなのですが、結局私たちは釣りが好きですし、釣りが好きな人たちが好きなのです。
誰もが釣りを楽しめて、誰もが満足して帰れる。
数多くの人たちのカーティス・クリークになる。
これが私たちの希望なのです。
そしてこれが一番肝心なことなのですが、ここで釣りをした人たちは必ず何かを学んでほしい。
本物のアングラーとなって帰ってほしい。
湖自体をひとつのスクールとしたいのです。」

c0239720_19471678.jpg

[PR]
by kftkubo | 2013-05-28 14:18 | カズさんからの手紙 | Comments(0)

カズさんからの手紙 28

カズさんからの手紙 28
(この物語はフィクションです。)

よみがえる辛い思い出

カズさんが続けて言った。
「だけど最近釣りが辛いなって思うことが時々あるのですよ。
それはつまりゴミや河川工事などによる環境問題のこととか。
釣れてくる魚に対しても。
いろいろなのですけどね。
とにかく釣れても釣れなくてもなにか空しさみたいなものが残るのです。」
「釣りに人生を捧げているから、彼は。
俺なんかほかが嫌になっちゃってここ以外では釣りをしなくなったよ。」
古葉さんが話題の割に陽気な声で言った。
僕は人生をまだ捧げていないけど、私的な時間のほとんどを捧げている。
「そうですね。
特に僕ら会社員は休みが土日に集中しているでしょう。
だからまず釣りに行くまでに交通渋滞という試練があって、そして次に釣り場に着いたらどんなポイントだろうと人のいないポイントに入るのがまたひと苦労ですね。
釣れそうだとかそんなこと関係ないのです。
とにかく混まないところに入るのです。
そしてたまに釣れる魚といえば、放流して間もない尻尾の丸いのばかり。
それと相変らずのゴミの山。
せめて自分が入ったポイントのまわりだけでも拾って行こうと思うのですけど、あまりの量にそんなことしても無駄なのだっていう無力感でいっぱいになってしまう。
結局ぐったりと疲れて帰ってくる。
そしてさらにズシッとくることが、渓流に行ってとってもいいポイントをみつけて大事に釣っていたところが、翌年には見る影もなく河川工事で変わっていたりすることなのです。
しかもそれが一度や二度じゃないのですからね。」
話しているうちにいろいろな辛い思い出がよみがえってくるようだ。

c0239720_1940773.jpg

[PR]
by kftkubo | 2013-05-23 19:33 | カズさんからの手紙 | Comments(0)

カズさんからの手紙 27

カズさんからの手紙 27
(この物語はフィクションです。)

釣りが辛いと感じたことはありませんか?

「ところで窪田さん、」
カズさんがトイレから転がるように飛び出してきて口を開いた。
「釣りが辛いと感じたことはありませんか?」
僕はちょっと返事に困ってしまった。
釣れないことがイコール辛いということになるのなら、僕の釣りはまさに苦行僧の荒行のようなものかもしれない。
釣れない日々の繰り返しなのだから。
しかし自分の釣りは結果がすべてではないのだ。
あくまでも釣りをするその過程を楽しむものなのだ、と思っている。
そんな僕の気持ちを見透かしたようにカズさんが言った。
「確かに釣りに行く前日ほど、釣りという行為の中で楽しい時間はありませんね。
とくに解禁日前夜のあの気分。
何度味わってもいいものです。
そして釣行後の仲間たちとの釣りの四方山話。
たとえ釣れなくても釣りの楽しさをしみじみ思うひとときですよね。」
「釣りに行ったときのすきっ腹にしみる酒の味。
ちょっとコゲのついた飯のうまいこと。
そして焚き火の火。
これらも、釣れない自分を大いに慰めてくれるねー。」
古葉さんがちょっと酔った声で口をはさんだ。

c0239720_19384896.jpg

[PR]
by kftkubo | 2013-05-16 20:02 | カズさんからの手紙 | Comments(0)

カズさんからの手紙 26

カズさんからの手紙 26
(この物語はフィクションです。)

その前にトイレに

「さて、先程古葉が言った私の立案なのですが、大勢の人間にこの湖を開放しつつ、しかも自然を今のままに保つ方法があったのです。
それはですね……すみません。
その前にトイレに。」
あわただしく席を立つカズさんを横目で見ながら古葉さんが一言ぽつりとつぶやいた。
「ああいう奴です。」
僕がプッと吹きだすと、古葉さんも笑いながら立ち上り窓際に行き、先程からビールからかえたストレートのバーボンウイスキーの入ったグラスで窓の外を指すと言った。
「素適な星空ですよ、窪田さん。」
確かに美しい星達だったけど、それより僕にはカズさんの素晴しいアイディアの続きが気にかかって仕方なかった。
どんな事なのだろう。
そしてこれから先も僕はこの黒駒湖に来られるのだろうか。
古葉さんが低い声で鼻唄を唄っている。
暖炉でバチッと木のはぜる音がしている。
柱時計は午後10時25分を指していた。

c0239720_19343474.jpg

[PR]
by kftkubo | 2013-05-07 22:01 | カズさんからの手紙 | Comments(0)

カズさんからの手紙 25

カズさんからの手紙 25
(この物語はフィクションです。)

カズさんの話

何だか話は僕の予期せぬ方向へと進んでしまっている。
暖炉の炎にすっかりあぶられビールの酔いがますますまわってきて、どんな話にも今なら納得できてしまいそうだった。
そんな僕にカズさんが冷たい水を渡してくれつつ、古葉さんのガンガン頭にひびく大河の流れの様な太い声とは逆に、小川のせせらぎの様な涼しい声で話しかけてくれた。
「私や古葉、それに数名の仲間達で、今までに何度か自分達の理想の釣場を作ろうと何ヶ所かの川や湖で放流や清浄作業など地道な行動をしてきました。
しかし、ことごとく失敗に終ってしまいました。
原因はいろいろありました。
たぶん窪田さんなら想像がつくと思います。
そんな時に私達に本当に守り育てるに値する湖が手に入ったのです。
何よりも私がうれしかったことは、水源地も古葉の土地になっていたということです。
それにこの黒駒湖にはたくさんの湧水もあるのです。
つまりどんな開発がまわりで行なわれようともこの蒼き黒駒湖は不滅なのです。
まあ古葉が欲に走らない限りですけどね。」
「うーん、つらいなあー。」
古葉さんがおどけた様に口をはさんだ。

c0239720_19323557.jpg

[PR]
by kftkubo | 2013-05-02 06:45 | カズさんからの手紙 | Comments(0)