フィッシャーマンのためのフィッシングカフェ


by parlett

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
フライフィッシングの夜明け
カズさんからの手紙
野生魚を追え!!
フライ フィッシング
フライ タイイング
河川の放射能汚染
未分類

最新の記事

サクラマス巡礼 第2章 サク..
at 2017-09-09 09:12
サクラマス巡礼 第1章 サク..
at 2014-12-21 16:55
野生魚を追え!! - 川のラ..
at 2014-10-25 07:36
鬼怒サケ
at 2014-10-12 07:46
鱒釣りの聖地巡礼 その3 湯ノ湖
at 2014-08-06 21:30
カズさんからの手紙 54  ..
at 2014-07-14 09:20
鱒釣りの聖地巡礼 その2 大谷川
at 2014-06-22 21:30
カズさんからの手紙 53 3..
at 2014-06-18 17:52
カズさんからの手紙 52 先..
at 2014-06-12 19:40
鱒釣りの聖地巡礼 その1 中..
at 2014-06-08 20:30

以前の記事

2017年 09月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ファン

お気に入りブログ

shakerの軽井沢 F...
グリースドラインで釣り日記!
ギフの山猿「フライ日記」
渓流の近くで一泊
Down & Across
Metropolitan...
高太郎の箸休め
Uncle's Cafe
ゾウさんのHotひと息
Cloud Number 9
CURTIS CREEK 情報
つっちーのフライフィッシ...
Camel Blog
毛鉤人のViva,FF
陸に上がってた☆Flyman!
Highland Can...
Tokyo/Naha C...
ajax_spey diary
いないなのホビーハウス
和尚exさんのまんぷく日記♪
森のフィッシュ魚ッチング
~BQイッチー フィール...
ふらい人 / Towar...
amaneiro
春が来た

外部リンク

LINK

タグ

ライフログ

最新のコメント

貴重な情報ありがとうござ..
by kftkubo at 11:33
中禅寺湖南岸の放射線量率..
by 栃木還暦 at 17:14

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
アウトドア

画像一覧

<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

カズさんからの手紙 44 ワカサギの穴釣り

カズさんからの手紙 44
(この物語はフィクションです。)

ワカサギの穴釣り

というわけで、私は今、黒駒湖の上にいます。
禁断症状もピークに達した某日、黒駒湖管理人アシスタントというとてもうらやましい仕事についた旧友の佐藤さんから電話があり、ワカサギの穴釣りをやるから来いとのこと。
もう僕は喜びいさんで愛車の旧型パジェロを駆って雪深い黒駒湖に向かったことは言うまでもなかった。
黒駒湖はかなりの部分が白い水で覆われていた。
以前は必ず全面氷結したというが、近頃ここ数年の暖冬で部分氷結にとどまっているという。
しかし、先日のドカ雪で白一色に染まった黒駒湖は圧倒的に〝冬〟であった。
「きたっ!」またカズさんの声だ。
最初は久しぶりで嬉しかったけどこう度々大声で叫ばれると嫌になってくるな。
しかもたかがワカサギ釣りなのに。
僕の竿にはあたりもこない。
たよりの古葉さんはさっきから飲んでばかりですっかり出来上がっているし。
そうなのだ。
今回のワカサギ釣りのメンバーは古葉さん、カズさん、友人の佐藤そして僕の4人だった。
そしてせっかくだから2組で競争して負けた方が今夜の夕食担当ということになった。
そして組んだペアがカズさんと佐藤の管理人ペアと古葉さんと僕のペア。謀られたよな。
考えてみればかなうわけないもの現地人には。
波瀬さんって、ああみえて結構策略家だしな
そんな愚痴めいたことをブツブツつぶやきながら竿を上下に動かしていいあたりがあった。
クーンク-ンと手ごたえがある。
よーし、久しぶりの一匹だと思いつつ上げようとすると急に激しいあたりがそれに続いた。
竿が一気にのされると、抵抗する間もなくロッドがパッキンと折れ、ついでにラインも切られて氷の隙間の水面へと没していった。
[PR]
by kftkubo | 2014-01-19 19:23 | カズさんからの手紙 | Comments(0)

カズさんからの手紙 43   

カズさんからの手紙 43 
(この物語はフィクションです。)

シーズンオフの釣り師

シーズンオフの釣り師ほど役に立たないものはない。
それでも禁漁になったその年内は数々の苦い思い出、辛い記憶も新しくどちらかというとある種の解放感があることも確かである。
魚にとってはもちろん人間にとっても心休まる時期なのだ、なんて思ったりもする。
しかし、年が明け初詣でに行き「今年こそ大物が釣れますように。」なんて事を願い出す頃はもうそろそろ禁断症状の始まりである。
あの辛い日々も時の流れとともに美化されて行き、「あの時は釣れなかったけど一人川のせせらぎを聞きながら大岩の上で食ったニギリメシはうまかったな。」とか、「あの時もう50cm右に俺のフライが着水していたら確かに40cmオーバーの岩魚は俺の手の中にあったのに。」
なんてことが次々とうかんでくる。
それでもしばらくは管理釣り場などで時をうっちゃるのだが、夕暮れ時にフッと頬を撫でる風が妙になまめかしくなってくるともう駄目だ。
「行きたい!さわりたい!」水の音、風の音、ライズの音。
ラインから電流のように伝わる鱒達の躍動。
釣り上げた鱒の冷たいけど何故かぬくもりのあるあの感触。
時折ボンヤリと遠くを見ているような人がいたらそれは間違いなくシーズンオフの釣り師か、ちょっと危ない人である。
[PR]
by kftkubo | 2014-01-12 16:23 | カズさんからの手紙 | Comments(0)