フィッシャーマンのためのフィッシングカフェ


by parlett

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
フライフィッシングの夜明け
カズさんからの手紙
野生魚を追え!!
フライ フィッシング
フライ タイイング
河川の放射能汚染
未分類

最新の記事

サクラマス巡礼 第2章 サク..
at 2017-09-09 09:12
サクラマス巡礼 第1章 サク..
at 2014-12-21 16:55
野生魚を追え!! - 川のラ..
at 2014-10-25 07:36
鬼怒サケ
at 2014-10-12 07:46
鱒釣りの聖地巡礼 その3 湯ノ湖
at 2014-08-06 21:30
カズさんからの手紙 54  ..
at 2014-07-14 09:20
鱒釣りの聖地巡礼 その2 大谷川
at 2014-06-22 21:30
カズさんからの手紙 53 3..
at 2014-06-18 17:52
カズさんからの手紙 52 先..
at 2014-06-12 19:40
鱒釣りの聖地巡礼 その1 中..
at 2014-06-08 20:30

以前の記事

2017年 09月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ファン

お気に入りブログ

shakerの軽井沢 F...
グリースドラインで釣り日記!
ギフの山猿「フライ日記」
渓流の近くで一泊
Down & Across
Metropolitan...
高太郎の箸休め
Uncle's Cafe
ゾウさんのHotひと息
Cloud Number 9
CURTIS CREEK 情報
つっちーのフライフィッシ...
Camel Blog
毛鉤人のViva,FF
陸に上がってた☆Flyman!
Highland Can...
Tokyo/Naha C...
ajax_spey diary
いないなのホビーハウス
和尚exさんのまんぷく日記♪
森のフィッシュ魚ッチング
~BQイッチー フィール...
ふらい人 / Towar...
amaneiro
春が来た

外部リンク

LINK

タグ

ライフログ

最新のコメント

貴重な情報ありがとうござ..
by kftkubo at 11:33
中禅寺湖南岸の放射線量率..
by 栃木還暦 at 17:14

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
アウトドア

画像一覧

タグ:キャッチ アンド リリース ( 2 ) タグの人気記事

 「河川・湖沼において、一定の条件のもと区域を限定した渓流魚等のキャッチ&リリースを試行」

栃木県農政部生産振興課発表
「既に渓流魚等の解禁延期を要請した河川・湖沼において、一定の条件のもと区域を限定した渓流魚等のキャッチ&リリースを試行」

栃木県から新たな発表がありました。
わかりにくい文面ですね。
鬼怒川漁協は東古屋湖でのキャッチ&リリースを条件とした早期解禁要望書を県に提出したとのことですので・・・
各漁協の正式発表を待ちたいと思います。

(以下、栃木県農政部生産振興課発表 引用)
平成24年3月16日に発表した魚類の放射性物質検査結果による解禁の延期の要請
http://www.pref.tochigi.lg.jp/kinkyu/g05/m/20120316kaikinenki.html

平成24年3月16日に発表した魚類の放射性物質検査結果においては、全ての検体で厚生労働省の定めた暫定規制値を下回るものの、男鹿川(日光市川治温泉川治)で採捕したヤマメ1検体から、4月に施行予定の食品衛生法における基準値(100Bq/Kg)を上回る放射性セシウムが検出されました。
この結果を受けて、3月16日、関係漁業団体に対して、県内の次の河川におけるヤマメ、イワナ及びニジマスの解禁延期を要請しました。
なお、既に渓流魚等の解禁延期を要請した河川・湖沼において、一定の条件のもと区域を限定した渓流魚等のキャッチ&リリースを試行することとしました。

1.渓流魚解禁延期の要請
(1)ダムより下流、道谷原発電所取水堰堤までの鬼怒川本支流 (五十里ダムより下流の男鹿川を含む)

お問い合わせ
栃木県農政部生産振興課
〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階
電話番号:028-623-2351
[PR]
by kftkubo | 2012-03-17 09:06 | 河川の放射能汚染 | Comments(0)

渓流解禁 栃木県と群馬県で対応がなぜ違う?

渓流解禁 栃木県と群馬県で対応がなぜ違う?

群馬県の対応(群馬県 発表)
県では、3月1日の渓流魚(イワナ・ヤマメ)の解禁にあたり、水産物の放射性物質の安全確認検査を行いました。
県内の主要11河川でイワナ・ヤマメを採捕して検査を行ったところ、2月27日に結果が判明しました。
結果は、放射性セシウムが、検査した全ての河川のイワナ・ヤマメについて暫定規制値を下回りました。
なお、4月から新規制値が適用されることから、新規制値を超える値が確認された河川については、釣獲魚(イワナ・ヤマメ)を全て再放流し、食用としないことの徹底を各漁業協同組合との間で確認済みです。

群馬県 
桜川 ヤマメ 299ベクレル/kg
沼尾川 ヤマメ 336ベクレル/kg
烏川 イワナ 166ベクレル/kg
薄根川 ヤマメ 257ベクレル/kg

栃木県 
小百川 イワナ 269ベクレル/kg
荒川  ヤマメ 224.9ベクレル/kg
那珂川 ヤマメ 202.7ベクレル/kg
箒川  ヤマメ 155.7ベクレル/kg 

同じように放射性物質セシウム137が4月からの新規制値100ベクレル/kgを超えた栃木県と群馬県で渓流解禁の対応がなぜ違うのか?
キャッチ アンド リリースさえすればOKとする群馬県の対応には疑問が残る。
4月1日から始まる新規制値を基に判断した栃木県と、3月1日現在の現規制値ともとに判断した群馬県。
隣り合った両県でなぜ違う判断が出されたのか。
地方行政とはこんなものなのか?
後味の悪い結果だけが残った。
[PR]
by kftkubo | 2012-03-01 16:37 | 河川の放射能汚染 | Comments(0)