フィッシャーマンのためのフィッシングカフェ


by parlett

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
フライフィッシングの夜明け
カズさんからの手紙
野生魚を追え!!
フライ フィッシング
フライ タイイング
河川の放射能汚染
未分類

最新の記事

サクラマス巡礼 第2章 サク..
at 2017-09-09 09:12
サクラマス巡礼 第1章 サク..
at 2014-12-21 16:55
野生魚を追え!! - 川のラ..
at 2014-10-25 07:36
鬼怒サケ
at 2014-10-12 07:46
鱒釣りの聖地巡礼 その3 湯ノ湖
at 2014-08-06 21:30
カズさんからの手紙 54  ..
at 2014-07-14 09:20
鱒釣りの聖地巡礼 その2 大谷川
at 2014-06-22 21:30
カズさんからの手紙 53 3..
at 2014-06-18 17:52
カズさんからの手紙 52 先..
at 2014-06-12 19:40
鱒釣りの聖地巡礼 その1 中..
at 2014-06-08 20:30

以前の記事

2017年 09月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ファン

お気に入りブログ

shakerの軽井沢 F...
グリースドラインで釣り日記!
ギフの山猿「フライ日記」
渓流の近くで一泊
Down & Across
Metropolitan...
高太郎の箸休め
Uncle's Cafe
ゾウさんのHotひと息
Cloud Number 9
CURTIS CREEK 情報
つっちーのフライフィッシ...
Camel Blog
毛鉤人のViva,FF
陸に上がってた☆Flyman!
Highland Can...
Tokyo/Naha C...
ajax_spey diary
いないなのホビーハウス
和尚exさんのまんぷく日記♪
森のフィッシュ魚ッチング
~BQイッチー フィール...
ふらい人 / Towar...
amaneiro
春が来た

外部リンク

LINK

タグ

ライフログ

最新のコメント

貴重な情報ありがとうござ..
by kftkubo at 11:33
中禅寺湖南岸の放射線量率..
by 栃木還暦 at 17:14

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
アウトドア

画像一覧

タグ:成蹊学園創設 ( 1 ) タグの人気記事

第2章 丸沼鱒釣俱楽部のメンバーたち(1)・・・「今村 繁三」

第2章 丸沼鱒釣俱楽部のメンバーたち(1)・・・「今村 繁三」

キーワードは、「三菱」にゆかりのある「成蹊学園創設」と「中村春二」「今村繁三」「岩崎小彌太」

c0239720_14143816.jpg

                           中村春二
c0239720_14123710.jpg

                           今村繁三
c0239720_1413334.jpg

                           岩崎小彌太


今村 繁三
(いまむら しげぞう)
1877年(明治10年) - 1956年(昭和31年)4月19日
横浜生まれの実業家、銀行家。

家族
父は、今村銀行(後の第一銀行)や角丸証券(現・みずほインベスターズ証券)を創立した今村清之助。
全国の鉄道会社の設立にあたり、鉄道王として有名。
東京株式取引所の設立に尽力した一人でもある。

妻は、新田忠純の二女・俊子である。

経歴
1887年(明治20年)- 慶應義塾幼稚舎入学
1891年(明治24年)- 東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)入学
1896年(明治29年)- 東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業後、渡英しリース校に入学
1899年(明治32年)- リース校を卒業し、ケンブリッジ大学入学
1902年(明治35年)- ケンブリッジ大学卒業。父の清之助が病没し、26歳で今村銀行の頭取に就任 。家督を相続。
1906年(明治39年)- 成蹊学園の前身である成蹊園(学生塾)開設当初から中村春二を支援
1908年(明治41年)- バチエラー・オブ・アーツの学位を受ける。

帰国後実業界に入る。
今村銀行頭取・汽車製造・熱帯産業・日東拓殖農林各取締役。
第一生命保険・東洋織布等の監査役。
中村春二・岩崎小弥太らと成蹊学園創立に尽力。

1919年(大正8年) - 成蹊学園理事

大正期前後に画家や小説家を援助。

1935年(昭和10年)- 東京成蹊高等女学校理事長
1956年(昭和31年)- 80歳で逝去

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



「三菱」にゆかりのある「成蹊学園創設」と「中村春二」「今村繁三」「岩崎小彌太」

私学には創立者の精神を色濃く引き継いでいるところが多い。
福沢諭吉の慶應義塾、大隈重信の早稲田、新島襄の同志社…。
三菱にゆかりのある成蹊学園もまた創立者中村春二(はるじ)の教えを受け継いだ多くの卒業生を世の中に送り出している。

明治29年(1896)に東京高等師範(現筑波大学)附属中学校を卒業した3人の少年がいた。
中村春二、著名な国文学者中村秋香(あきか)の長男。
今村繁三(しげぞう)、今村銀行の御曹司。
それに岩崎小彌太、三菱財閥の総帥岩崎彌之助の長男である。

入学したときの校長は山川浩男爵で会津武士の末裔。
途中で代わった嘉納治五郎校長は講道館の開祖。
ともに武士道の精神を説いた。
多感な少年たちは当然影響を受けた。

中村と岩崎は第一高等学校に進み、哲学にふけり、人間性を探求し、自由主義・個人主義の理想に燃えた。
その後中村は東京帝国大学の国文科に進んだ。
岩崎は同じく英法科に進んだが中退してケンブリッジ大学に留学した。
そこには、中学を卒業するとすぐ英国に留学した今村がいた。

中村は帝大を卒業すると嘉納校長の招きで母校の教壇に立つ。
単なる授業だけでなく教え子の生活全般に体当たりで接する中村は、さらに一歩進めて学生塾を持ちたいと考えるようになった。

英国から戻り家業の銀行を継いでいた今村が資金提供を申し出た。
英国の個性を尊重する教育に心酔していた今村は、中村の追い求める理想に共感したのだった。
明治39年、本郷区(現文京区)西片町の中村の自宅に学生塾成蹊園が発足した。


※今日の成蹊学園へ発展

「成蹊」は、司馬遷(しばせん)の「桃李(とうり)もの言わざれども下おのずから蹊(みち)を成す」から来ている。
徳のある人のところには自然に人が集まるという意味である。

明治41年、英国から帰国して三菱合資会社の副社長になっていた岩崎小彌太も中村支援に加わった。
人格・学問・心身にバランスの取れた人間教育の実践。
中村は駒込富士前町に宿舎を移し、今村と岩崎の更なる支援を得ると、池袋に成蹊実務学校を設立した。

岩崎の支援は資金だけではなく社会への橋渡しもあった。
三菱は多くの成蹊卒業生を積極的に受け入れた。
中村にあてた書状に「本年度卒業生採用の件、ほぼ決定の運びと相成り候ところ…その中の一、二名は三菱以外の会社にて採用する方が学校の将来の為に良からんと判断、郵便会社に一名、横浜正金銀行に一名採用の交渉致すことと致し候…」とある。

元成蹊実務学校校長児玉九十によると、中村は教職員に「平凡に徹底すること」を説いた。
個性を育てるという高邁な理想の実現には日ごろが大切という意味である。

大正に入って、中学校、小学校、実業専門学校、女学校が創立され、8年(1919)には財団法人成蹊学園が設立された。
が、好事魔多し、吉祥寺に8万坪の土地を得て移転するという大正13年の始め、中村は病没してしまう。
46歳の若さだった。

しかし、中村の理念はしっかり受け継がれた。
緑多い武蔵野のキャンパスで、成蹊学園は自由主義、個人主義をモットーに、多くの豊かな個性を育み、多彩な人材を世に送り出してきた(※)。
それは小学校から大学院までの総合学園になった今日も変わらない。

(So-netブログ 「落合道人」より引用)

ここで「今村繁三」と「丸沼鱒釣俱楽部」の直接のつながりは見つからなかったが、「今村繁三」と「岩崎小彌太」が学友であり「岩崎小彌太」・「三菱」とのつながりは見つかった。

さらに時代をさかのぼってみることにする。
キーワードは「三菱」

「三菱」といえば創業者「岩崎 弥太郎」・「亀山社中」・「坂本竜馬」・「グラバー」
[PR]
by kftkubo | 2012-02-21 14:23 | フライフィッシングの夜明け | Comments(0)